読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

whipped_cream’s diary

ロサンゼルスで生活してたらこんな事あったよ⭐︎Made in Japan, living in Japan✌︎

怖かった出来事😖😖😖

Crenshwで生活していて怖かった出来事は

1年ほど経った頃だったと思います

 

当時自宅から1ブロックの距離、徒歩にして約3分ほどの近い場所に友達の家がありそこへ私は徒歩で通っていました

友達の家に行く時間はバラバラでその日は確か夜の10時頃でした

普通の何も変わらない日常でいつも通りベルを鳴らし友達が鍵を開けてくれて家の中に入りました

その5分後くらいにインターホンが鳴りました

誰もこの時間に訪れる人はいないし、他の友達とか呼んでないし、、、

一言も会話をせずに2人共何かおかしいなと瞬時にわかりました

 

友:なんかよう?

男:やぁ、車が故障してしまってどうしようもないから電話を貸してください

友:そうなんだ、自分のを使えばいいじゃん

男:電話持ってないんだ、お願いだよ

友:無理だから他の人に頼んで

 

友達は鍵を開けなかった

その後すぐにポリスに連絡し、数時間その区域パトロールしてくれた

 

何かおかしいなと気づきますよそりゃ

まず、インターホンのカメラにうつっている男(黒人さん)ジャケットなしのワイシャツに今日初めてネクタイ結びました的な結び方で変な格好

インターホン以外に防犯カメラ数台あり、インターホンにいる男以外に2人ほど仲間がいて、塀の横に隠れていたつもりみたいだけど、私たちにバレてる(カメラにおもいっきりうつっていた)

 

要はあの時誰か確認せずにドア開けていたら何が起こっていたのか

何が起こっていたのかとは思うがギャング的なタイプの人たちではない(その男を擁護するわけじゃないけど)

 

友達がなんで狙われたのか、偶然?

友達はまあまあ裕福ではあったけれど目に見えて高級車に乗ったり派手な生活をしていたわけじゃない

車もガレージの中にはいっていて通り過ぎてもどんな車に乗っているのかわからない

 

いずれその後同じような出来事は何も起きなかった

でも精神的に友達はヤラレタみたいで

日々誰かいないか確認しながら出かけたりしてたから

そして、私に銃のありかも教えてくれた

万が一の為に

 

その後、友達は引っ越しました

仕事上何度も引っ越ししやすい環境だったし

 

Watch my back!

Watch your back!